ニュース & トピックスニュース & トピックス

「チームでの「自分」を知り主体性を育てる」生徒の力を引き出す指導力

中学生や高校生の人間形成に大きな役割を担う部活動。
チーム力アップのための練習方法や、生徒の潜在力や創造力を引き出す指導の在り方を担当の先生にお聞きしました。

部活指導 吹奏楽部顧問
岡山県 岡山県立岡山一宮高等学校
矢木 正明 先生

自分の役割に責任と誇りを持たせる

一宮高校(矢木先生)部活動は同じ好みや目的を持った生徒たちのチームの中で、社会性やコミュニケーション力、自分の存在意義などを学ぶ場です。しかし、多くの部員は部活の運営を幹部に任せ、指示待ちということもよくあります。

 そこで生徒が責任と誇りを持って部活に取り組めるよう、学年ごと一人ひとりに役割を与えました。受け入れられるまで時間は掛かりましたが、部員が主体的に行動できるようになり、全員が集中して練習に励めるようになりました。

 主体的に活動することで、「自分」がかけがえのない存在になっていく。部活を通して「ワンフォーオール」「オールフォーワン」の精神を学んでほしいですね。

 私自身、生徒たちの「仲間」だという思いから、「教える」よりも「伝える」という姿勢で接しています。生徒たちにも「学んだことを伝えあう」ことを勧めています。私も学び続け、一緒に成長していきたいからです。生徒には自ら物事の善悪を判断し「幸せになる」方へ進んでもらいたいですね。

 

吹奏楽部・実績

◎平成26年度 第45回岡山アンサンブルコンテスト木管八重奏 金賞11. 一宮高校(部活風景)
第55回岡山県吹奏楽コンクール高校A部門 金賞

◎平成27年度 第56回岡山県吹奏楽コンクール高校A部門 金賞

◎地域の訪問演奏などを積極的に実施

 

プロフィール

岡山県 岡山県立岡山一宮高等学校
部活指導 吹奏楽部顧問
矢木 正明 先生
音大からプロのフルート奏者を経て、教職を取得。1985年より現職。

どうだ

ページの先頭へ戻る